多様な主体と災害VCと行政の 連携による支援の在り方を考えよう ~平時からの顔の見えるネットワークを作ろう、地域で支えあうために~

昨年の豪雨災害を契機に、効果的な被災地支援を行うためには関係機関による連携が重要であることが、広く認識されました。
 
そこで、全国で災害支援に取り組まれ、愛媛県でも地域支え合いセンターの活動などにさまざまなご支援をいただいている、コミュニティ・エンパワメント・オフィス FEEL Do 代表 桒原英文 氏を講師にお迎えし、多様な主体と災害ボランティアセンターと行政の連携による支援の在り方等について考えてまいります。
 

【日時】
令和2年1月11日(土)13:30~16:00
【会場】
愛媛県総合社会福祉会館 4階 第2会議室
(松山市持田町3-8-15)
【対象】
中間支援機能に関心のあるNPO等民間公益活動団体構成員、
行政や社協職員、社会貢献に関心のある企業・団体等
(定員:40名 先着順)
【参加費】
無料
【内容】
講演及び意見交換
 演題: 「多様な主体と災害VCと行政の連携による
                   支援のありかたを考えよう」
 講師: コミュニティ・エンパワメント・オフィス FEEL Do
                   代表 桒原 英文 氏
 コーディネーター: 愛媛大学 社会連携推進機構教授 前田 眞 氏
【主催】
愛媛県、(公財)えひめ地域政策研究センター
【お問い合わせ・お申込み】
(公財)えひめ地域政策研究センター
電話: 089-926-2200  FAX: 089-926-2205
メールアドレス: r-yasui@ecpr.or.jp(担当:安井)
HP: http://www.ecpr.or.jp/