財団設立40周年記念セミナー
「人と所得を取り戻す1%戦略 ~定住と循環を支える社会システムを~ 」

公益財団法人 えひめ地域政策研究センターは、前身の財団設立から数えて40周年を迎えました。

この節目の今、地域が直面する大きな課題の1つは、人口減少、高齢化等により、将来的に地域社会自体の存続が懸念される状況であると考えます。

そこで、今回のセミナーでは、集落が人と所得を取り戻すために必要な「定住と循環を支える社会システム」について考えてみたいと思います。

第1部では、国土交通省などにおける検討会の委員として、「小さな拠点」の形成など地域政策づくりに関与し、中山間地域や漁村、離島の活性化に関する研究の第一人者である藤山 浩さんにご講演いただきます。

第2部では、愛媛県内の状況、移住者の体験談などから愛媛県における定住と循環を支える社会システムの在り方などを話し合い、現状と今後の方向性を検討していきます。

 

日時
平成28年11月18日(金)13:00~16:20
会場
愛媛大学 南加記念ホール(松山市文京町3番 愛媛大学敷地内)
主催
公益財団法人 えひめ地域政策研究センター
共催
愛媛大学社会共創学部
後援
愛媛県
定員
200名(申し込み先着順)
参加費
無料
申込先
公益財団法人 えひめ地域政策研究センター(担当:川原)
電話 089-926-2200 FAX 089-926-2205
電子メール info@ecpr.or.jp
その他
会場は駐車できませんので、ご来場には公共交通機関をご利用いただくか、
周辺の有料駐車場をご利用ください。
第1部
講演「地域人口と所得の1%取り戻し戦略」<13:05~14:35>
【講師】藤山 浩(ふじやま こう)氏
(島根県中山間地域研究センター研究統括監)
第2部
パネルディスカッション 
「定住と循環を支える社会システムを考える」<14:50~16:20>

【コーディネーター】
笠松 浩樹氏
(愛媛大学社会共創学部地域資源マネジメント学科講師)

【パネリスト】
藤山 浩氏(島根県中山間地域研究センター研究統括監)
冨田 敏氏(まちづくり学校 双海人 教頭 東京都出身)
酒井 朋恵氏(農事組合法人無茶々園 従業員 東京都出身)
山下 一行氏(愛媛県企画振興部地域振興局長)