地域づくり人養成講座開講

6月25日(水)、平成20年度の地域づくり人養成講座の開講式が愛媛県立美術館で行われました。この講座は愛媛県の委託を受けて行っている当センターの人材育成事業で、今年度は定員20名のところ、22名の応募がありました。

養成講座の受講生のメンバーも多士済々で、南は宇和島市から東は新居浜市ということで、昨年度の養成講座の受講生のみなさんとはまた違ったカラーの構成となっているようです。

p1000738.JPG

今年も最初に栗田所長よりごあいさつ

p1000746.JPG

今年の講座は、最初に専門講師の前田眞さんよりワークショップの進め方に関する講義を受け、次回からの講座を行う上での心構えをうかがいました。

その後、恒例の2班に分けるワークショップを行い、「お祭りマンボー」班と、「元気(はぁと)ん」班の作業班ができました。この作業班は一年間いっしょの運命共同体(?)です。みなさんしっかりと意思疎通を図っておきましょう。

p1000770.JPG

午後からは、最初の講座ということで、株式会社いろどりの代表取締役副社長である横石知二さんをお招きして「彩~気を育てる地域づくり~」と題してご講演をしていただきました。

昨年度の「ごっくん馬路村」でも有名な馬路村農協の東谷組合長をお招きしましたが、今年は「いろどり」の横石さんということでかなり豪華な講師ですが、受講生のみなさんをはじめ、出席した方は「地域づくりに対するやる気、元気」を横石さんのお話からもらっていたように思います。

横石さんの講演のあとは、平成19年度まちづくり活動アシスト事業の助成団体の成果報告会を行いました。 

p1000799.JPG

この日成果報告を行ったのは以下の5団体です。

・岩谷地域自治会(大洲市)
・久米はいじの会(松山市)
・うずの鼻(今治市)
・街道灯篭祭り愛南実行委員会(愛南町)
・宇和島市生活文化若者塾「拓己塾」(宇和島市)

それぞれの団体がどのようなことをされたのかは、センターのホームページをご参照いただきたいと思います。

発表した5団体のみなさんは、アシスト事業審査委員をしていた前田さん、若松さんの講評により、今後の活動の指針となるべきアドバイスをいろいろいただいていたようです。 報告団体のみなさんも「勉強になりました」と感想を述べていたようです。

さて、この「まちづくり活動アシスト事業」ですが、「地域づくり人養成講座」の受講生の方が、何かチャレンジしてみたいと思われてグループをつくって応募して助成団体になっている例がけっこう多くあります。今年の受講生のみなさん、ぜひ来年のアシスト事業に応募してみてはいかがでしょうか?

(文責 まちづくり活動部門 研究員 谷本英樹)

かがり火に・・・

リゾート通信社さんが出されている地域づくり情報誌「かがり火124号」に、当センターとも関係の深い上島町の兼頭一司さんが寄稿されていました。

兼頭さんは財団法人松下政経塾の第26期生にあたり、以前、当センターでインターンをした経験があります。

この春から上島町(弓削島)に移住してコミュニティビジネスを起こしながら地域づくり活動を行おうとされており、当センター発行の情報誌「舞たうん96号」にも寄稿していただきましたものを、より深くつっこんだ内容に仕上がっているようです。

兼頭さんの文章を見ていると、「まちづくりは人づくり」とはよくいいますが、つくづく「人の出逢い」こそがまちづくり、まちおこしの原点にあるんだなあとあらためて感じました。

さて、そんな「地域づくり人」に出会える絶好のチャンスが今年の愛媛にはあるんです。そうです。11月に行われる「地域づくり団体全国研修交流会」です。その一か月前には全国町並みゼミが西予市で行われます。

まちづくりの全国大会が2か月連続で愛媛県で行われるということは、おそらく今後においても事例がないことでしょう。そんな大会に参加しない手はございません。ぜひ、愛媛の地で地域づくりの知恵と情熱をぶつけあいましょう。

(文責 まちづくり活動部門 研究員 谷本英樹)

第2回実行委員会を開催

事務局です。去る6月20日(金)に平成20年度第2回実行委員会を八幡浜市にあります愛媛県南予地方局八幡浜支局の7階大会議室で開催されました。

1-thumbnail2.jpg

第2回の実行委員会では、いよいよ愛媛大会の募集要項(案)が決定し、愛媛大会の参加募集を8月1日(金)から9月16日(火)までといたしました。

とはいえ、近年の大会は参加者の追加募集をしていますので愛媛大会も追加募集をする可能性が大ですけど。いやいや、そうならないように事務局は広報活動がんばります!

その他の議案として、愛媛大会の準備スケジュール確認や愛媛大会の広報計画などを話し合いました。

さて、いよいよ愛媛大会の概要が決定いたしましたので、大会公式ブログである「事務局日誌」におきまして可能な限り愛媛大会の情報を随時発信してまいりたいと思います。乞う、ご期待!

(文責 まちづくり活動部門 研究員 谷本英樹)

「まちづくり活動アシスト事業」審査会

5月28日(水)に平成20年度のまちづくり活動アシスト事業の助成団体を選定する審査会が当センターの会議室で行われました。

この「まちづくり活動アシスト事業」とは、地域づくりのためのワークショップやイベントの開催、広報資料の作成などの活動を行っているまちづくりグループに対して、1団体20万円を上限に活動費の一部を助成する事業で、当センターが行っている自主事業でもあります。

今年度のまちづくり活動アシスト事業の応募には、県内の地域づくりグループ13団体からの応募があり、当センターが委嘱した審査委員による審査会において、今年度の助成団体の審査及び交付団体の選定を行いました。

今年度は昨年度にも増して、ユニークな取組をしている(またはしようと考えている)団体が多く、 選考がいささか難航いたしましたが、以下の団体に助成することに決定いたしました。

1.身近な街元気プロジェクト(新居浜市)

2.恋人の聖地/ふたみシーサイド公園/恋人岬実行委員会(伊予市)

3.中町人力車倶楽部(西予市)

4.八幡浜元気プロジェクト(八幡浜市)

5.地域づくり研究会「源流」(今治市)

それぞれの助成団体がどのような活動をするのかは、研究員ブログで随時ご紹介いたしますのでお楽しみ。

なお、今年度の募集は閉め切りましたが、このまちづくり活動アシスト事業は来年度も継続して実施する予定ですので、今回の選に漏れた団体のみなさんを含め、県内の地域づくり団体のみなさんの応募をお待ちしております。

(文責 まちづくり活動部門 研究員 谷本英樹)

削りかまぼこ

今日は八幡浜市の特産品のお話です。    

みなさんは「削りかまぼこ」というものをご存知でしょうか?
削りかまぼことは、かまぼこを乾燥させて薄くスライスしたもので、お吸い物やふりかけ、はたまたおつまみとしても愛用されています。

最近、お弁当の具をつかってアンパンマンやミッキーなどのキャラクターをかたどる「キャラクター弁当(略して「キャラ弁」)」が流行しているそうですが、そのキャラクター弁当づくりの重要アイテムとして、この「削りかまぼこ」がひそかに注目されているそうです。

ちなみに、キャラ弁のサイトはこちらを参照していただけたらなんとなくイメージは伝わるかと。

なお、6月19日(木)放送の「秘密のケンミンSHOW(読売テレビ系列)」という番組でも「削りかまぼこ」が紹介されるそうです。

さて、そんなキャラ弁ブームに乗っかってということではないのでしょうが、八幡浜市の物産協会さんでは「削りかまぼこ」をつかったお弁当コンテストを実施いたします。

応募の決まりは八幡浜市物産協会の加盟店で削りかまぼこを購入すること。購入してお弁当をつくって写真を送れば応募完了です。応募の仕方はこちらのサイトをご覧ください。

昔のお弁当芸術の代名詞といえば「タコウインナー」くらいでしたが、今では「お弁当」もある意味において「アート」の時代になったのですね。このあたりに時代のギャップを感じます…。

(文責 まちづくり活動部門 研究員 谷本英樹)