舞たうん Vol.144 「地域に生業をつくる」を発刊しました!

研究員の平井です。

 

地域づくり情報誌舞たうんVol.144を発刊しました!

舞たうん表紙

今号では特集テーマを「地域に生業をつくる」とし、地域で生業づくりを実現している事例を紹介しています。

 

「地域に仕事がある」ということは地域おこしや移住を考える上で欠かせないポイントとなっています。仕事がなければ人はどんどん地域外へ流出していき、経済も衰退していくという悪循環が生まれてしまいます。そんな中、近年では地域で仕事をするため、自身のスキルや地域資源を活かして生業をつくり、その地域で生きていく人々が増加しています。そうした動きが関係人口の増加や移住者の呼び込みに繋がる可能性を秘めており、生業が地域の未来を支えるといっても過言ではないのかもしれません。

昨今の状況で家にいる機会が多く、自身の生活や仕事の在り方を考え直している方もいらっしゃることと思います。

ぜひこの機会にご一読いただき、様々な立場の方が生業について考えていただくきっかけとなれば幸いです。

 

詳細はHP内に公開しておりますので、下記をご参照ください。

http://www.ecpr.or.jp/products/products-my-town/

「えひめイベントBOX 2020」を発刊しました!

こんにちは!研究員の徳永です。

今日の松山市は良いお天気ですが、昨日は冬に戻ったような寒さでした。久万高原町では雪が積もっていたようです。

季節の変わり目は体調を崩しやすいので、みなさまもお気をつけくださいね。

 

さて、今回はお知らせです。

当センターが発行しているイベント情報誌「えひめイベントBOX2020」が完成しました。

今回も、152ページと盛りだくさんの内容になっています。

タイトルなし

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止のため、愛媛県内でも多くのイベントが延期や中止となっている状況ですが、カラー写真もたくさん掲載していますので、今後の参考としてご覧になっていただければうれしく思います。

 

※各イベントの開催状況につきましては、主催者ホームページなどを活用し、各自で情報収集をお願いします。

(「イベントBOX」にも、お問い合わせ先の電話番号やHP情報を掲載しております。)

 

今回も、先着700名様に無料で配布いたします。

詳しい配布方法は、

HP→お知らせ→センターからのお知らせ(http://www.ecpr.or.jp/notice_ehime-eventbox-2020/)

のページでご確認ください。

令和2年度、はじまりました!

令和2年度集合写真

 

みなさんこんにちは。研究員の徳永です。

新型コロナウイルスが猛威を振るう中での新年度のスタートとなりましたが、

みなさまお元気でお過ごしでしょうか?

 

当センターでも、新たな仲間が加わり新体制がスタートしました!

新任者は

脇水所長・香月特別研究員・片上主任研究員・水田研究員(※着任は3月~)・兵頭研究員・西原研究員です。

詳しい出向元は、HP→ECPRについて→スタッフ紹介の中に掲載していますので、ぜひご覧ください(*^-^*)

 

今年度も、どうぞよろしくお願いします。