はじめまして!4

四国地方、やっと梅雨明けしましたね♪
今年の梅雨は長かった…
コロナの波がジワジワ来ている感もありますが、夏本番!
4・5・6月と予定通りに事業が進められていない分を取り戻すべく、ギアを入れ替えて頑張らねばです!(汗)

研究員の兵頭です。4月に鬼北町役場から出向してきました。

ecprでは、高校生の地域づくり活動を顕彰する「アワード・ユース事業」を担当しています。
私のふるさと鬼北町には北宇和高校があり、いろいろと地域活動にも取り組んでいるので少し紹介します。

 

JR近永駅前に今年3月にオープンした、町の展示交流施設「アエレールきほく」で7月11日(土)「近永駅周辺賑わい創出イベント」として、高校生たちが農産物販売などを行う催しが企画されていました。

2020.7.11近永駅周辺賑わい創出イベント  UCAT告知
↑かわいらしい手作りチラシ       ↑地元のケーブルテレビでイベント告知をする高校生

 

残念ながら当日、大雨警報発令によりイベントは中止。。。
イベント開始予定の時間には、中止を知らずに詰めかけた人でいっぱいでした!
イベント中止 行列

 

当日、アエレールきほくでは「笑顔がいっぱい写真展」も同時に開かれており、たくさんのお客さんで賑わっていました。高校生のイベントは中止になってしまいましたが、生徒たちが企画・宣伝をしてくれていたおかげです♪
笑顔いっぱい① 笑顔いっぱい②
体温計 マスク販売
↑非接触型体温計でコロナ対策もバッチリ!       ↑手作りマスクも販売されていました。

コロナのせいで、楽しみにしていた部活や大会は中止。臨時休校や分散登校、夏休み短縮に振り回されて散々な1年だと思いますが、めげずに頑張ってもらいたい!
このコロナ禍での経験を糧に、将来の地域を担うリーダーとして立派に成長してほしいと思います。

 

話は変わって、ecprで行っているオンライン移住フェアのリハーサルでのひとコマ。

松野町役場の移住担当の土居さんですが、ZOOMのバーチャル背景が白いYシャツにも投影されてしまっています!
突然、首だけが浮かび上がる土居さん(笑)
これはこれで、オンライン相談ならではの面白さかな?!
土居さん
※後日、完璧に修正されていました!さすがです。

はじめまして!3

研究員の水田です。

3月に着任して4か月経過。初登場です。あまり自分を曝すのが得意でないので、業務の紹介を。

着任後「えひめ名建築発掘発信事業」の業務を担当し、建築士の方々と一緒に県内の戦後建築物の調査に携わりました。といっても、私は建築士の方々から送って頂く調査票や写真を首を長ーくして待っていただけですけど・・・(時には一緒に調査に行きましたよ)。この調査の中で、建築に疎い私でも気づきがありました。なんと、県内には有名な建築家の方が携わられた作品が多数あるのです。例えば、世界のタンゲと言われた丹下健三氏、その指導を受けた黒川紀章氏、また、根津耕一郎氏や安藤忠雄氏、そして隈研吾氏の作品もあります。長谷川逸子氏の作品も興味をそそられます。もちろん、八幡浜市出身で日土小学校で有名な松村正恒氏の作品も多数あります。私も気になる所は週末に訪ねたりしています。

これらの情報は、今後、愛媛県のHPで公開される予定です。興味のある方はお楽しみに。

IMG_0077

今治市庁舎 丹下健三作品です。

今年もガンガン移住促進してます!

こんにちは!えひめ移住コンシェルジュの板垣です!

 

 

最近使ってるプロフ画像っす

最近よく使ってるプロフ画像。もう45歳。

 

 

研究員ブログ、今年もリレー方式で投稿するとのことで、バトンが回ってまいりました。

 

早いもので「えひめ移住コンシェルジュ」として今年度5年目を迎えます。

 

このえひめ地域政策研究センター(ECPR)にも色々とお世話になっておりますが、

今年度からは、ECPRに所属しながら、「(一社)えひめ暮らしネットワーク」の代表理事として

移住促進と併せて地域おこし協力隊のサポートに力を入れています。

えひめ暮らしネットワーク設立式の様子。みきゃんもおる。

えひめ暮らしネットワーク設立式@エミフルMASAKIの様子。みきゃんも来てくれた。

 

このように新体制となっての令和2年度でしたが、新型コロナウイルスの影響もあり、

愛媛県の移住促進事業も大幅に予定が変わってしまい、

当初予定していた東京・大阪での移住イベントは中止となってしまいました…

 

しかし、

愛媛県の移住促進は止まりません!

コロナ禍の中、みんなで水面下で準備を進め、

全国に先駆けて県単位のオンライン移住イベント「愛あるえひめ暮らしフェア」を

6月に開催することとなりました!

 

1000人以上のみなさんに配信コンテンツを閲覧していただき、

事前予約制にも関わらず60件以上の相談に対応することができました。

 

今年度は残り4回の開催を予定しております!

直近は7月19日開催!

3674789ad1c2010f3e40c5b139d3336a

愛媛にお住まいのみなさんも特設サイトは閲覧が可能ですので

興味のある方はぜひサイトへお越しくださいね!

 

はじめまして!

今年4月から当センターに配属されました片上と申します。

今回の人事異動に伴い、松山市に4年ぶりに暮らすことになりました。

 

リレーブログが回ってきまして、せっかくなのでどこか市内や県内の魅力ある観光地などに行きたかったのですが、新型コロナウイルス感染症対策で不要な外出等の自粛をしていたので、職場に出勤する以外は自宅にこもりっきりの生活が続いていました。

これから徐々に緩和される見込みですが、実際のところ、まだまだステイホームを続ける方が多いのではないかと思います。

 

このような状況が続いておりますが、当センターでは、職員が工夫を凝らし、6月21日(日)に「オンライン移住フェア~愛あるえひめ暮らしフェア~」を開催します!

オンラインでの移住フェアは初めての試みということで、職員が試行錯誤をしながら準備を進めています。県外の方で愛媛に興味を持たれている方、おうちから参加してみませんか!

 

詳しくはこちら!↓

https://e-iju.net/event/7663.php

 

また、今後、県内での事業も実施していきますので、今後ともえひめ地域政策研究センターの応援をよろしくお願いいたします!

はじめまして!

はじめまして。

4月1日付けで所長に就任しました 脇水 宏(わきみず ひろし)と申します。

早くも1か月が経過しましたが、「仕事を好きになり、毎日を楽しく」をモットーに

職務を全うしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

3月末までは、愛媛県人事課職員厚生室長で、

職員の福利厚生や共済組合、互助会等の業務を担当していました。

県職員として、これまで様々な部署で勤務してきましたが、

強いて言えば、総務部門での勤務が最も長くなっています。

また、県外勤務も通算5年半あります。

 

出身地は、全国に誇る「みかん」の産地である八幡浜市で、

高校卒業まで過ごしていました。

八幡浜市のみかん生産量は愛媛県全体の約4割も占めており、

柑橘類の種類も豊富ですので、ご賞味いただければ幸いです。

 

私生活面では、

旅行好きという趣味が高じて、時間を見つけて少し勉強した結果、

国内旅行業務と海外旅行業務の取扱管理者という国家資格を取得しました。

お勧めの観光地があれば、是非教えてください。

 

さて、前置きが少し長くなりましたが、

新型コロナウイルス対応について、愛媛県においては5月11日(月)から

「感染対策期」から「感染警戒期」に移行し、少し緩和されました。

しかしながら、都道府県をまたいだ移動の自粛や、

3密(密閉、密集、密接)回避は、引き続き継続となっています。

 

これらの状況を踏まえ、えひめ地域政策研究センター(ECPR)においては、

各種事業の実施準備や、まちづくりに関する調査研究等について、

少しずつピッチを上げて進めていきます。

 

ECPRの使命は、地域政策やまちづくりに関して総合的に調査研究を行い、

その成果を広く公開するとともに、

意識啓発、活動支援、交流促進等を行うことにより、

活力ある地域づくりに寄与することにあります。

 

そのためには、時間が許す限り地域に出向いて、

地域の実情を把握したいと考えておりますので、

その節には、ご支援、ご協力の程、よろしくお願いいたします。

 

また、機関紙についても

・調査研究情報誌「ECPR」

・イベント情報誌「えひめイベントBOX」

・まちづくりネットワーキングえひめ「舞たうん」

を引き続き発行していきますので、ご高覧いただきますようお願いします。

 

最後に、ECPRでは、安定した事業運営を行うため、

諸活動を通して地域活性化を支える方々のネットワークとなる

「賛助会員」制度を設けています。

趣旨にご賛同いただきまして、是非ご入会いただきますようお願い申し上げます。

 

年会費は、

・法人会員 1口 30,000円/年(複数口申込可)

・個人会員 1口  3,000円/年(複数口申込可)

主な会員特典は、

・定期刊行物(ECPR、えひめイベントBOX、舞たうん等)の配布

・当センタ-が主催する講演会、セミナー等への優先的なご案内 等

となっています。

 

それでは、

連日のコロナウイルス関連のニュースで暗い気持ちになりがちですが、

一日も早く収束し、愛顔あふれる日々が戻ってくることを願い、

私の挨拶とさせていただきます。

 

令和2年度、よろしくお願いいたします。