人口減少社会に挑む!フォーラム2020

研究員の兵頭です。

私が事務局を担当している、「えひめ地域づくり研究会議」が主催するフォーラムが12月12日(土)サイボウズ松山オフィスにて開催されました。

例年『人口減少社会に挑む!』をテーマに開催している本フォーラムですが、今年はコロナ禍を受けて、ZOOMを利用したリモート配信という形で行いました。

 

DSCN2437 DSCN2504

 

印象に残った言葉を紹介します。

 

【愛媛大学:笠松先生】
「現代社会は、過去の文明の英知の積み重ね。最先端だけで成り立っているわけではない。」
「不便さと幸福は両立する。」

 

【㈱宝荘:宮崎さん】
「まちづくりは『道徳・説得・納得』3つの得がなければ進まない。」
「社会を回すためには経済が必要。稼ぐ力・税金を納める力が、今後の厳しい財政状況の中でもっともっと必要。」

 

【㈱維里:首藤さん】
「日本の食料自給率は37%だが、その原料・資材ですら外国に依存している。」
「今日食べたものであなたの体だけでなく、より良い未来を作ることができる。」

 

【移住コンシェルジュ:板垣さん】
「withコロナ時代は痛手か?チャンスか?の二択ではなく、ポジティブに考えなければならない。」
「いらない慣習は捨てて、新しいものに切り替えていく意識が大事。今後もコロナで急速に変わっていく社会に順応できるように。」

 

【どい書店:岡山さん】
「3人に1人の若者が、就職して3年以内に辞める。社会自体がうまくいってないからだと思う。」
「4月に議員になろうと思います!」
(↑↑これには会場がどよめきました笑)

 

現代社会(笠松) 本館前(宮崎)

慣行栽培(首藤) オーガニック(首藤)

略歴経緯(岡山) 協力隊(岡山)

 

慣れないZOOMを使ってのフォーラム開催ということで、リハーサル段階では原因不明のハウリングなど、数々の難題が降りかかってきましたが、一つひとつクリアしていき、無事に配信に漕ぎ着けました。結果だけでなく、プロセスもとても実になりました。

 

フォーラムの様子は、えひめ地域づくり研究会議のYouTubeアカウントから公開中です。ぜひご覧ください。
https://youtu.be/RDVa9mJCn18

 

師(僧侶)も走り回るほど忙しい師走となりました。せかせかと、新年を迎える準備をしていきましょう!!