酒蔵をコミュニティの拠点に

はじめまして。

この4月からECPRに参りました、研究員の平岡美野里です。よろしくお願いします(*^_^*)。

さて、本日はこちらの冊子から「蔵を生かしたまちづくり」について紹介したいと思います。

地域づくり情報誌

地域活性化センターが毎月発行している「地域づくり」という情報誌です。

こちらの5月号で「蔵を生かしたまちづくり」について特集されています。

「酒蔵を改装した街の映画館」、「蔵の街並みを大学のキャンパスに」といった事例が紹介されるなか、愛媛県宇和島市、岩松町並み保存会の森田浩二さんが「酒蔵をコミュニティー再生の拠点に活用」と題して記事を書いていらっしゃいます。

特集ページ

内容を簡単にご紹介します(^_^)

岩松地区は、豊富な水に恵まれ、お米の集散地であったことから、最盛期には、酒造場3軒、醤油屋4軒が軒を連ねる醸造の町であったそうです。今では使われなくなったこの旧酒蔵を拠点に、岩松の良さを見直し、人々の交流の場として、地域コミュニティー再生の拠点と位置づけて活動されていたのが、「岩松町並み保存会」です。

酒蔵の活用方法を考えていたときに、「ここでまた酒造りはできないか?」という声が上がり、「どぶろくなら作れるかも…」という発想から、様々な準備を経て、どぶろく「なっそ」が誕生しました!!

「企業組合いわまつ」を立ち上げ、自分たちで米づくりから醸造、ビン詰め、販売まで手掛けるようになったそうです。「なっそ」とはこの地方の方言で「なんでよ?」「どうして?」という意味だそうです。

なっそ のれん

現在は、どぶろく「なっそ」をきっかけにいろいろなイベントを手掛けているそうですが、あくまでも目的は、岩松地域の住民の方が声を掛け合ったり、会話の弾む場所をつくることだそうです。

なっそ イベント

かつて、農作物や酒を貯蔵するために建てられた「蔵」が、また時を経て、生活に身近な拠点として息を吹き返す…すてきな取り組みですよね(*^。^*)

森田さんの記事全文は地域活性化センターのホームページからご覧になれます。

以上、ブログ初挑戦の平岡でした(^^)/

宇和島市蒋渕(こもぶち)へお邪魔しました☆

こんにちは、研究員の川渕です(^^♪

連休明けで体がだるい感じがまだ残っております。

しかーし!仕事は待ってくれませんから、気合いを入れなければ!!

さてさて、「平成25年度 地域づくり人養成講座」の開講に向け、着々と準備を進めております!本日は、先日、第2回専門講座の現地先である『宇和島市蒋渕』へお邪魔しましたので、その様子をほんの少~しお伝えしますね☆(全部見せちゃうと楽しみがなくなるので)

でもその前に・・・遊子にも行ってみたいよね?(行ってみたーい)

IMG_4940 (800x600)

懐かしいですね(*^_^*)約1年ぶりです。段畑を守ろう会の方々にもお会いできました!(しかも覚えていただいていたのでうれしかったですね)いつ来てもこの壮大な景色は魅了されますね☆ふらふら歩いていると、近所のおいちゃんから「民宿もあるから、よかったらどうぞ!」と言われ、地域住民の観光地意識が強いことに驚きました。

IMG_4941 (800x600)

とまぁ、遊子を後にして本題の蒋渕(こもぶち)へ到着!遊子地区から車で20~30分くらいでしょうかね。右に左に揺られ揺られ・・・車に酔う方は酔い止めが必要かも。。。

でも、ガマンすれば・・・見てください!この透き通った海を!!(沖縄と比べたらダメですよ(笑))そして、写真の奥のほうに見える島が噂の『契島』だそうです!宇和島では「契島伝説」というものがあり、ミュージカルにもなっています。

IMG_4942 (800x600)

この日は天気もよく、泳ぎたい気持ちでしたが・・・(泳いでいる場合じゃない)

綺麗な海も見たし、それじゃあ打合せ場所へ!

IMG_4943 (800x600)

打合せ場所となっていた支所の前はこんな感じで養殖筏が海に浮いてたりして、まさに漁業の町といった感じです☆

不審者のようにウロウロしていたら、今回の講師である岩牡蠣養殖業の島津さんとバッタリ☆早速打合せを・・・

・・・と思いきや、島津さんから「まずは蒋渕の岩牡蠣を食べなはれ!」と。。。

IMG_4944 (800x600)

もぉーぷりぷりですやん!(>_<)

これが噂の蒋渕の岩牡・・・う~ん、名称が長いなぁ・・・。蒋牡蠣(こもがき)と呼ぶことにしよー☆(勝手に名称付けてすみません)

んーーーーー!たまりませんなぁぁぁぁ(>_<)ビールがほし・・・いや、打合せ打合せ(^_^;)

今回の現地研修も面白くなりそうですよ!実際の養殖現場にもお邪魔したり、もしかしたら船で・・・なんてことも(^^♪

今回受講する皆さん、お楽しみに~☆

打合せ後、宇和海郵便局の清家さんに案内していただき、蒋牡蠣を養殖している現場にもお邪魔しましたよ☆

IMG_4945 (800x600)

このバケツに入っているのが養殖している蒋牡蠣です(*^_^*)今が一番美味しい時期なんだそうですよ☆

IMG_4946 (800x600)

↑「何をしてるの?」というと、殻のまわりをきれいに磨いているんです!電動の機械でバリバリ~っと。。一見、簡単そうに見えるのですが、なかなか熟練した技術を要するみたいですね。

・・・と見学していたら、

「生牡蠣、食ってみるか?」

「えぇ~!いいんですか?」

IMG_4947 (800x600)

ぷりんぷりんやないですか!(^^♪

「ちょっと塩辛いかもな・・・」

それじゃあ、ちょっと失礼して…)^o^(モグモグ(ホントは食べる瞬間の写真をアップするところですが、専属モデルのSさんがいないので)

た、たしかにちょっと塩辛い(>_<)けど、これはウマイ!!というよりも甘い☆

ですが、この蒋牡蠣も5~6月までなんだそうです(>_<)7月の現地研修時には食べられない?!

何でも漁師の方々は、美味しいものを提供したいとの想いが強く、美味しい時期以外は提供しないのだとか。。。徹底してますね☆でもそういうこだわりは消費者にとっても有難い話です!

かぁ~(+o+)しかし、残念。。。

ちなみに、今食べたいという方は、「こもねっと」にて通販を行ってますのでそちらをご利用くださいね。

IMG_4949 (800x600)

↑この写真は天然牡蠣なんです!大きいでしょ?(^_^;)手のひらサイズくらいかな。。。いや、それよりも大きいくらいです。

続いて藻塩の作業場へ移動☆

IMG_4956 (800x600)

清家さんのレクチャーのもと、森所長も平岡研究員も熱心に勉強してます!

IMG_4953 (800x600)

藻塩は、藻に海水に浸し、天日干しを繰り返すことでできる塩の結晶で、色は茶色。少しなめてみると、市販で売られている塩とは少し異なり、やわらかく甘みのある感じがするようなしないような・・・(笑)←ようするにわからんのやろ!

続いて蒋渕漁協出荷場へ移動☆

IMG_4957 (800x600)

↑写真にある水色の装置ですが、何だかわかりますか?プールの監視台ではありませんよ(笑)

これは、水揚げされた魚をしめていくためのものなんだそうです!その名も「ギロチン」←ギャー!痛そう(+o+)

このギロチンマスターにもう一つ受け口を設置して使用するのだとか。。

IMG_4960 (800x600)

お~っと、このへんでお開きにしておきましょうかね(*^_^*)ものすご~い楽しい講座になりそうです。

行きたいなぁ~と思ったあなた!まだ間に合いますよ☆

「地域づくり人養成講座」に応募されます方はコチラから

【~最近気になるトコロ~】

宇和島市津島にある「あすも」へお邪魔しました☆ここでは、地元の女性たちが地元のお米を使用した『米粉パン』を販売し、雇用を創出しつつ、地域の活性化にも繋がっています!

この「あすも」の代表が山下さん。

山下さんは、愛媛大学農学部の農山漁村地域マネジメントスキル修得講座を受講し、現在は地域再生マネージャーとしてもご活躍されています。

IMG_4963 (800x600)

インターの近くにあり、アクセスしやすい場所にあります。外観はこんな感じ☆

IMG_4964 (800x600)

店内に入ると、白を基調とした明るく優しい空間となっており、居心地もOKです☆パンの種類も豊富、パン以外もお弁当やお惣菜などもあります!

IMG_4965 (800x600)

わたくしめは、気になっていた「あすもロ~ル」をチョイス(*^_^*)

IMG_4966 (800x600)

山下さんからのオススメは、この「キャロットジュース」☆あまーーーい(^^♪にんじんのみでこの味が出せるとは・・・恐るべし!!

316374_413347362097368_1251449923_n

わたしたちのためにわざわざ帰ってきていただき、ありがとうございました。

益々のご活躍をお祈りしております。

伊豫國「あじの郷」づくり実行委員会5周年記念講演会のご紹介

皆さんこんにちは!
研究員の檜垣です(^^)

今治市から出向して早1年。
センターで仕事をする中で、県内のいろいろな地域づくりの取り組みについて知ることができました。

例えば、伊予市さんの行っている伊豫國「あじの郷」づくり事業
これは食を中心とした伊予市の魅力を活かして、特産品の開発や、食育と食文化の伝承などを行い、地域の活性化を図る取り組みです。
「あじの郷」に関する情報を発信する雑誌「P@CKTTO!」は、以前このブログでもご紹介させていただきました。

packtto_spring

さて、この度、伊豫國「あじの郷」づくり事業は、5周年を迎えられたそうです。(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

それを記念して、この度、5月16日(木)「大学生と取り組む地域資源の活用」と題して講演会が行われます。
講師は松山大学経済学部教授の松本直樹先生です。
松本先生はのうみん株式会社さんと松大生との共同で、愛媛県産のライムやブラッドオレンジを使ったサイダーの開発を行うなど、特産品を活用した地域の活性化にも積極的に取り組んでおられます。
平成24年度には伊予農業高校や伊豫國「あじの郷」づくり実行委員会とコラボして、高校生が提案した「びわ葉ミルフラッペ」の商品化についてご指導をされたそうです。

今回の講演会では、そういった地域資源を活かした商品開発を行った経験から、
大学生のパワーを活かした地域活性化についてお話を伺えます!
大学生と連携した地域づくりや観光開発などにご興味を持たれている方、地域の活性化について何かしたいと考えている大学生の方、
ぜひご参加ください(^^)

参加申し込みは下記の申込先にメール、FAXなどで5月13日(月)までにお申し込みください。
伊予市役所商工観光課、中山地域事務所、双海地域事務所に直接参加申込書を持参しても大丈夫です。

大学生と取り組む地域資源の活用
~社会人基礎力育成を通した地域活性化への取り組み~

講師:松山大学経済学部教授 松本直樹 先生
日時:平成25年5月16日(木)
午後4時00分~5時30分
場所:ウェルピア伊予 2階 鳳凰の間
(伊予市下三谷1761-1)

【お申込み・お問い合わせ先】
伊豫國「あじの郷」づくり実行委員会事務局
(伊予市商工観光課内)
TEL:089-982-1111(内線573、574)
FAX:089-982-1728
e-mail:ajikuni@pure.ocn.ne.jp

あじの郷記念講演の御案内-001あじの郷記念講演の御案内-002