まちづくり活動アシスト事業

まちづくり活動アシスト事業 活動の様子(公財)えひめ地域政策研究センターでは、地域づくりのためのワークショップやイベントの開催、広報資料の作成などの活動を県内で行っているまちづくりグループに対し、活動費の一部を助成することにより、地域におけるまちづくり活動の活発化を促進するとともに、事例報告の場を設けることで人と人とのネットワークづくりを後押しし、広く地域の活性化を目指します。

まちづくり活動アシスト事業

対象となる事業は、まちづくりに関する次の活動です。

  • (1)学習会・シンポジウム・ワークショップ等の実施
  • (2)地域を活性化するためのイベントの開催
  • (3)広報紙の発行、チラシ・リーフレット等の印刷、掲示板の設置等
  • (4)まちづくりグループが主体となって行い、創意と工夫に富み、地域の活性化に貢献すると思われる具体的な活動

[実施状況]

平成 27 年度
団体名 内容等
吉岡歩こう会 西条市吉岡地区において、子どもから高齢者までの幅広い世代が学びつながる基盤づくりを目的に、史跡めぐりマップの作成や地域住民・子どもたちのふるさと散策などを行い、子どもたちが郷土の歴史や文化を学ぶ機会や世代交流の場をつくる。
元気な島づくり実行委員会 上島町高井神地区の活性化や住民の地域づくりに対する高揚を図るため、事業計画から実施までを住民と一緒に行い、高井神みなと広場周辺にイルミネーションを設置する。
郡中まち元気推進協議会 伊予市中心市街地等での起業と雇用の創出を図り、地域経済の発展と暮らしやすいまちづくりを進め、中心市街地の活性化を図るため、起業創出検討会議(6 回)の開催および先進地視察研修を行う。
NPO法人
NEXT CONEXION
学びを通して、人々の交流促進や社会参加、地域活性化につなげることを目的に、子どもたちが創るまちづくりイベントを開催し、実体験の中でまちづくりを経験する機会をつくると同時に子ども・若者がまちづくりに参加する新たな教育モデルの構築に取り組む。
奥伊予ゆすかわ塾 西予市遊子川地域に活力をもたらし、地域に誇りと愛着を育み、明るく安心して暮らしていける地域づくりを目的に、遊子川小学校地区合同運動会において、児童一人ひとりが夢や希望をのせたオリジナルこいのぼりを製作し、グラウンドに掲げる。
樫谷棚田保存会 大洲市戒川地区(樫谷棚田)の認知度を高め、来訪の促進することを目的に、パンフレットを作成し、地域住民やイベント開催時などに配布し、PR活動を行う。
岩松町並み保存会 昭和 30 年に津島町(現:宇和島市津島町)誕生記念として制作した「津島音頭」をリニューアルし、一層の郷土愛を醸成することを目的に、「津島音頭」のデジタル映像、音源を制作し、歌詞に残る旧津島町の風景や事情を未来へ伝える。
平成 26 年度
団体名 内容等
グリーンキャンドゥ 植樹等で緑化推進事業を図りながら緑を大切にする心を育て、地域住民が自然と親しみ、互いに親睦を深め健全な心身を促進し、安心・安全で豊かな社会生活を営める一助となるべく活動する。
金子おやじの会
(おかあさんも)
駅周辺の公園にての芸術家の協力により、創造活動のワークショップを開催する。段ボール・木材等を用意し、子どもたちの創造性にまかせて作品を創作し、駅周辺に多く展示されている様々な芸術作品に触れ合う機会をつくる。
淡路ヶ峠遊歩道整備管理協議会 松山市畑寺地区のシンボル「淡路ヶ峠」の認知度を高め、山頂からの眺望を楽しみながら歴史を回顧し、かつ健康な生活への基礎体力づくりに役立ててもらうことを目的に駐車場整備を行う。
読み語り隊 子どもたちの故郷を愛するこころを醸成し、ボランティアの芽を育むことを目的に、夏休みに 4 度ワークショップを開催し、町内の地域資源や民話などを盛り込んだ大型絵本や大型紙芝居を制作する。また、「ぴよぴよくらぶ」を発展させるため、専門講師を招き持続できる事業化をめざす。
大川鯉のぼり川渡し実行委員会 毎年、肱川河川敷に 200 匹の鯉のぼりやのぼりが勇壮にたなびくイベントにて、祭りをより一層盛り上げると共に、スタッフが一目で分かることで来場者の利便性を向上させ、祭りの活性化を図るため、ハッピを作製する。また、他の同地区イベントでも着用する。
クリスマスオレンジフェスティバル実行委員会 クリスマスにミカンを贈り合う「クリスマスオレンジ」の習慣を八幡浜から広めていくことで消費拡大に努めると同時に地域活性化を図るため、第2回クリスマスオレンジフェスティバルを開催する。
平成 25 年度
団体名 内容等
NPO法人玉川サイコ- 地域の資源である玉川ダムをモチーフに玉川ダムカレーを開発し、地域の飲食店で食べられるようにすることで、来訪者を増やして、地域の活性化を図るとともに地域の名物としてPRすることで地域の魅力を発信する。
わくわく・いきいき・てくてく・とことこ隊 「大洲の町並み」の中にあるコミュニティカフェ「とことこ」を拠点として活動し、人々が交流拠点として利用してもらうことでカフェの存在を広く周知し、地域資源の再発見やコミュニティ形成を図り、地域の活性化に繋げる。
双海町ジュニアリーダー会 子供体験事業のボランティア活動を町内外の方々にPRし、更なる学生ボランティアの発掘を図るとともに、子供たちに夢のあるプログラムを提供し併せて次世代リーダーを育成するために、スタードームを活用して独自活動の他年4回程度地域イベントに参加する。
ワニナルアートカンパニー 三津浜商店街に多く存在する空き店舗(シャッター)の前に、50組の出店者(パフォーマー・クラフト・雑貨等)を点在させ、商店街店舗と露店の集積効果によって大規模な集客を行う。
高校生ボランティアサークルMay 今、高校生の私たちに何ができるのか。様々な体験型イベントを開催することにより、年代を問わず、地域との交流の場を設け、夢を持って生きていくことができる未来と、今だからできる貴重な体験と交流が可能。
美~んず 女性のパワーを活かした地元学の実践として、移動式ピザ窯を購入し地域農作物をつかって各イベントでピザを作る事により、参加者の増員が図られ、また、無人市の開設により、高齢者の農産物生産意欲や販売意欲の向上が期待できる。
平成 24 年度
団体名 内容等
三津浜クリエーターズ 「三津浜珍踊り」を地域イベントとして定着させ、地域内外との交流及び地域の活性化を図る。
今治市認知症介護者家族の会 介護者・介護終了者の就労支援及びキャラバン隊による外出支援などを図る。
ふれあいステーションきくま 無人化した駅を活用し、住民の交流や情報発信の拠点づくりを行い、地域の活性化を図る。
こもねっと 地域の特産品を活用し、地域住民の意識啓発を図り、元気で持続可能な集落を目指す。
里山づくり炭焼隊 地元の伝統技術である炭焼きを伝承するとともに、地域での絆をより深めることで地域に貢献する。
まちづくり学校双海人 多様な世代の人材が、ワークショップを通じて語り合うことにより、地域を担う人材の発掘・育成を目指す。
平成 23 年度
団体名 内容等
カタリバin宇和島実行委員会 キャリア教育の実践を通して、将来地域を担う人材の育成と地域活性化を図る。
宇和町町並みガイドの会 開明学校ほか宇和の町並みガイドを実施。ガイドのレベルアップと会員の増員を図る。
JR下灘駅フィールドミュージアム運営委員会 下灘駅全体をフィールドミュージアムとして、演劇、コンサート等各種事業を実施する。
にいはま大島七福芋ブランド推進協議会 七福芋ブランドのPRを行い、新居浜市、大島の知名度の向上、市街との交流を進める。
NPO法人とべ子育て支援ぽっかぽか 地域の子育て支援NPO。コミュニティレストランを運営し、異世代交流・居場所づくりを進める。
民話の里・すみの 週1回、小学校で読み聞かせ会を実施。地域の昔話の絵本を作成し、活動愛用の充実を図る。
平成 22 年度
団体名 内容等
NPO法人まつやま山頭火倶楽部 楽しく学んで山頭火を勉強できる「山頭火検定公式テキスト」を作成し、「山頭火検定」を実施する。検定を通して、「山頭火」「一草庵」という貴重な地域資源の再認識を図るとともに県内外にPRする。
NPO法人GCM康申庵倶楽部 史跡「康申庵」の保全と有効活用を図るため、ボランティアのレベルアップのための講座を開催するとともに、地域の文化資源を掘り起こし観光につなげる「愛媛の俳諧文化ガイドマップ」を作成する。
21世紀えひめニューフロンティアグループ 県下9か所に桜の苗木1,000本を植樹する「えひめ千本桜の森づくり」事業。植樹を通してふるさとを再発見し地域の活性化につなげる。また、地域の環境問題に関する意識啓発を図る。(3年間継続)
日本のお手玉の会新居浜支部 お手玉を通して地域交流・世代交流を進める。お手玉は脳の活性化、心と体の健康づくりにも有効であり、幅広い年代に普及啓発を図るため、指導者養成用マニュアル(幼児・小学生・高齢者等対象別)を作成する。
新居大島プロジェクト 新居大島寄席・ガラス細工体験教室の開催、サイクリングマップの作成等。島外から特に若い世代を中心に島に呼び、島の魅力に直接触れてもらうとともに島民との交流を図る。
Shima2Net(しまねっと) プロのアーティストの作品や地元の手作り品、島の農産物・海産物・加工品等が出店する「クラフト市場」の開催や「gallery café しましま」の運営。地域内・外の交流を進める。
平成 21 年度
団体名 内容等
狩江地域活性化検討委員会 地域活性化委員会を組織し、高齢化が進む中での地域自治活動継続のための元気づくりと知恵づくりの研究会を開催。併せて、地域行事の積極的な取り組みを喚起するため、女性や青年団との勉強会も開催。
「夕やけぴちぴち市」実行委員会 伊予灘の地域資源である「天然活きハモ」を活かした地域活性化を目指し、市民や消費者との体験交流事業や認知度向上を図るイベントを開催。
にいはま環境市民会議 生ごみの自家処理と未利用農地の保全を組み合わせ、地域の環境問題を改善・解決を目指す。専門家の指導を得て、農業の多面的機能を再確認する気運を高める。
木村邸を支える会 民間の文化財として有志が所有する木村邸を、モダンレトロ期の文化を残すコミュニティスペースとして活用し、「古きよきまち」文化の啓発、埋もれゆくまちの魅力再発見を進め、持続可能な保全管理体制を構築。
パソきっず 地域の各サークル・団体・商店街・NPO・企業・行政がコラボし、交流一大体験ゾーンを作った。生活の基盤となる地域の見直しと地域を回遊し、笑顔で夢を持てるような新居浜を再発見。
アジア・フィルム・ネットワーク 子ども達の豊かな創造力、表現力を育む機会として、学校や家庭とは異なる第三の感性育み拠点『星空ミュージアム』『ダンボールタウン』を商店街に設けた。希薄化する地域の交流を促進し、地域の魅力再発見、再評価や将来の地域づくりの担い手育成に寄与。
まちづくりBeppin塾 宇和島市ホームページに掲載中の契島伝説を利用して、女性をターゲットにした美・食に注目した地域の活性化と情報の発信活動の強化。
平成 20 年度
団体名 内容等
身近な街元気プロジェクト 「衣料リサイクル」など市民の方へ応援メッセージをパネルで流せたことや、「はまさい」の誘導パネルを設置することで、身近な街の情報発信により地域の活性化に大きくつながる事業ができた。
恋人の聖地/ふたみシーサイド公園/恋人岬実行委員会 県内で初めて認定された「恋人の聖地」を、広くPRするために記念イベントを実施。その後も各種イベントを実施し、真の意味でのカップルの聖地を目指す取り組みの端緒となった。
中町人力車倶楽部 卯之町の歴史や文化を学習する講習会を開催し、地域資源の再発掘と整理を行った後、既存のマップを整理した新たなマップを作成し、全国町並みゼミの参加者に対して配布。実際に配布効果を検証するためアンケートも実施し、今後に役立てている。
八幡浜元気プロジェクト 八幡浜の地域資源掘り起しのワークショップ『オチャップ』を開催するとともに、八幡浜高校商業研究部や地域住民との連携により、八幡浜の輝いている人を主に紹介する地域情報誌「八幡浜笑人」を創刊。
地域づくり研究会「源流」 地域住民や小学生と連携し、里山整備・保全活動によって生じた間伐材や竹を炭や木酢、竹酢にして、お遍路さんに接待用として配布。あわせて間伐材を利用した遍路道用の看板を作成した。
平成 19 年度
団体名 内容等
岩谷地域自治会 山鳥坂の夜神楽10周年記念イベント
いまばりの美しさを伝える会「うずの鼻」 今治の美しさ、すばらしさを見つめ直してもらうための写真展
久米はいじの会 来住廃寺祭りプレイベント
街道灯篭祭りin愛南実行委員会 愛南町の海、街、山の3か所で灯篭を設置するイベント
宇和島市生活文化若者塾「拓己塾」 旧宇和島市のお遍路マップの作成
平成 18 年度
団体名 内容等
いーコーディネータNET 地域の文化財である酒蔵を地元の町内会も加わり住民が一丸となって手作りのコンサートを開催し、地域コミュニティ醸成のための一助とすることができた。
GOOD WILL 魅力ある島づくりを目指し、桜の植栽、公園等の清掃、えひめAI普及・販売に向けての取組み、看板の設置や白いも収穫祭などの実施により、島の交流人口の増加、島の特産品である白いものPR、大島の魅力の発信、えひめAIによる環境浄化活動の推進、島のコミュニティの活性化が図られた。
ゆげ女性塾 島の食文化再生事業として、地元にある「摘み菜」をつかった加工品を創作し、地元の高校生を対象とした郷土料理教室を開催するなど、地域の教育力向上にもつながった。
大杉塾 店舗の空室を利用し、保育園児・中学生・高齢者等のバス待合所兼プチ図書館、プチギャラリー、小会議室等、地区民が気軽に利用できるように改修整備をおこなった。