調査研究情報誌ECPR

ecpr42 バックナンバー
ECPR Vol.42(2018 No.2)


表紙PDF (PDF 3.6MB)

目次PDF (PDF 1.5MB)

特集にあたってPDF (PDF 1.5MB)

西日本豪雨災害被災状況PDF (PDF 3.3MB)

●論文
減災・縮災および災害の被害を決める火災文明と災害文化の葛藤PDF (PDF 3MB)
関西大学理事 社会安全学部 社会安全研究センター長 特別任命教授 工学博士 河田 惠昭

地域における防災・減災対策の強化 ―愛媛県を事例として―PDF (PDF 2.1MB)
愛媛大学 社会連携推進機構 防災情報研究センター 副センター長 准教授 二神 透

災害に対する「わがこと意識」を如何にして上げるかPDF (PDF 3MB)
~避難行動に焦点を当てて考える~
兵庫県立大学 環境人間学部/大学院 環境人間学研究科 教授 木村 玲欧

広域な甚大災害を乗り切るために必要とされる広域連携のポイント及び課題PDF (PDF 3.5MB)
国立研究開発法人 防災科学技術研究所 社会防災システム研究分門 研究員 永井 良暢

科学的なエビデンスにもとづく災害時受援計画の策定PDF (PDF 3.9MB)
同支社大学 社会学部 教授 立木 茂雄
兵庫県立大学 特任教授 本莊 雄一

●講演録(第42回地域政策研究セミナー)
「地域資源の見つけ方と活かし方」PDF (PDF 2.6MB)
建築家/伊東豊雄建築設計事務所 代表 伊藤 豊雄(コメンテーター)
株式会社 コトヴィア 代表取締役 荻原 実紀(パネリスト)
株式会社 大三島みんなのワイナリー 運営事務局長 河田 佑輔(パネリスト)
NPO法人 農音 代表理事 田中 佑樹(パネリスト)
愛媛大学 社会共創学部 特任講師 笠松 浩樹(コーディネーター)

●研究・提言・調査報告
ドラッカ-とNPO経営 ―POからNPOへ―PDF (PDF 1.8MB)
ドラッカ-思想の旅路 ―その5―
(公財)えひめ地域政策研究センター 特別研究員 水口 和壽

えひめ地域政策研究センターからPDF (PDF 267KB)

バックナンバーのご紹介 PDF(PDF 198KB)

編集後記 PDF(PDF 197KB)


舞たうん

hyoushi バックナンバー
第140号 図書館と地域活性化 ~図書館が地域を変えていく~

pdf表紙 (969KB)

pdf目次 (581KB)

●アングル
pdf「図書館と地域活性化―その可能性と課題」 (1.5MB)
岡本 真/アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役/プロデューサー

●特集/図書館と地域活性化 ~図書館が地域を変えていく~
pdf①図書館×人×〇〇 ~IYO夢みらい館の開館に向けて~(1.2MB)
北岡 康平/伊予市教育委員会社会教育課 課長補佐

pdf②絵本のまち有田川 ~絵本が日常になる~(1.2MB)
青石 賢治/和歌山県有田川町教育委員会 教育社会教育課 文化情報班 班長

pdf③みんながゆっくり集える島のカフェを目指して奮闘中(1.2MB)
鈴木 彩美・武田 由梨/bookcafe okappa

pdf④まちの活性化に図書館は最高の館 ~伊丹市立図書館ことば蔵の試み~(1.2MB)
綾野 昌幸/兵庫県伊丹市教育委員会 都市活力部(図書館長兼務)

pdf⑤小さい町だから出来る ~町民と図書館のいい関係~(1.3MB)
三輪 茂/長野県小布施町教育委員会 教育次長(図書館長兼務)

●地域おこし協力隊 リレーレポート

pdfなんも無い町は宝の山だった!?(1.2MB)
小泉 信二/大洲市地域おこし協力隊

●移住コンシェルジュ通信

pdf平成30年度の移住促進事業を振り返って(1.3MB)
板垣 義男/えひめ移住コンシェルジュ

●特選ブログ/shin 1さんの日記

pdf図書館があったらなあ~ (1.1MB)
若松 進一/人間牧場主・年輪塾々長

●”MY TOWN” うぉっちんぐ
pdf宇部と磯崎(いさき)、上田孫市物語 (1.1MB)
岡崎 直司/タウンツーリズム講座主宰・近代化遺産活用アドバイザー

●地域づくり人養成講座報告

pdfいかにして特産人を作るか(1.3MB)
楠本 博貴/伊方町地域おこし協力隊

●えひめ地域づくりアワードユース2018

pdf最優秀賞、優秀賞の紹介(2.9MB)
和田 健太郎/(公財)えひめ地域政策研究センター 研究員
愛媛県立南宇和高等学校「地域振興研究部」
愛媛県立今治北高等学校大三島分校「地域研究部」
愛媛県立三崎高等学校「せんたん部」

●市町振興協会事業案内

pdf平成31年度事業のあらまし(1.8MB)
公益財団法人愛媛県市町振興協会

●Information センターからのお知らせ

pdfごあいさつ(940KB)


えひめイベントBOX

eventbox_40
えひめイベントBOX 2019

表紙 (1.7MB)

えひめイベントBOX発刊にあたって (158KB)

CONTENTS (224KB)

●特集BOX
 えひめの特産品めぐりマップ (874KB)
 えひめの特産品めぐり詳細 (19.3MB)

 
えひめさんさん物語 (6.3MB)

 
サイクリングBOX (3.4MB)

 
●ピックアップイベントBOX

イベントカレンダーBOX (53.3MB)

特産市ガイドBOX (380KB)

湯あがりガイドBOX (404KB)

編集発行 (78KB)

裏表紙 (456KB)


その他の刊行物

伊予の四国遍路ガイドブック 表紙
伊予の四国遍路ガイドブック
~菩提の道場・愛媛の札所26ヶ寺めぐり~

当センターでは、平成27年4月に、四国遍路が日本遺産に認定されたことを契機に遍路文化が貴重な文化遺産であることを更に多くの方々にお知らせするために、当年から調査を進め、その調査結果をまとめ、本書を発刊しました。

各札所のいわれや境内の写真の他、「ちょっと寄り道」のコーナーでは、近隣にあるセットで訪れていただきたい名所、四国遍路の由来や歴史・知っておきたい作法などや、四国遍路の開祖・衛門三郎伝説なども掲載しています。

このガイドブックを通じて、一人でも多くの方に四国遍路にご興味を持っていただき、ひいては、四国遍路の世界遺産登録に向けての気運の醸成に繋がれば幸いです。

 


えひめの近代化遺産 表紙
えひめの近代化遺産
~続・愛媛温故紀行 明治・大正・昭和の建造物を訪ねて~

当センターでは、平成 23~24 年度に愛媛県教育委員会より委託を受け、「近代化えひめ歴史遺産総合調査」を実施し、調査報告書をとりまとめました。本書は、その報告書の普及版と位置づけられ、愛媛県内の近代化遺産を紹介しています。
本書により、県民のみなさまが、近代化遺産という地域資源を再発見していただき、「魅力あるまちづくり」の一助となることを期待しています。
なお、近代化遺産とは、日本の近代化を支えてきた幕末から昭和 20 年代までの建造物や土木建造物のことをいいます。

『えひめの近代化遺産~続・愛媛温故紀行 明治・大正・昭和の建造物を訪ねて~』は公益財団法人えひめ地域政策研究センターにて販売しております。(一般書店での販売は行っておりません)

B5 版フルカラー・地図付  全 75 ページ(定価 800 円 送料別)

※「今治ラヂウム温泉」については、所有者から新たな情報が寄せられています。詳しくは、こちらをクリックしてください。


しまなみ海道物語 表紙
しまなみ海道物語

美しい島々を結ぶしまなみ海道を、さまざまな角度から捉える

本州と四国を結ぶ架橋整備は、地域の生活や経済・社会の発展に大きく影響を与えるものです。しかしながら、その整備状況の変化や効果はあまり意識されることはありません。本書は、現在のしまなみ圏域の形成にとって大きな影響を与えた「西瀬戸自動車道(しまなみ海道)」を対象に、沿線の様子や事業の経緯・効果、橋梁技術などを一般の方々にもわかりやすく理解してもらうために編集いたしました。

本書により、多くの方々に「西瀬戸自動車道(しまなみ海道)」をはじめ社会資本整備に関心をもっていただくとともに、その役割を理解し、未来に向けたこれからのしまなみ圏域のまちづくりに思いを馳せていただければ幸いです。


松山環状線物語 表紙
松山環状線物語

道づくりはまちづくり  松山のまちと道路

本書は平成 15 年度に当センターが国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所から委託を受けて調査した「幹線道路整備効果基礎資料作成」の成果をベースに、より親しみやすくわかりやすい冊子として作成しました。

道路整備は地域の生活や経済・社会の発展に大きく影響を与えるものの、その整備状況の変化や効果はあまり意識されることはありません。本書は現在の松山都市圏の形成にとって大きな影響を与えた「松山環状線」を対象に、沿線の様子や事業の経緯、現在の交通状況等道路整備の基礎的な知識を、一般の方々にわかりやすく理解してもらうために編集しました。

本書により、多くの方々に「松山環状線」をはじめ社会資本整備に関心を持っていただくとともにその役割を理解し、未来に向けたこれからの松山のまちづくりに思いを馳せていただければ幸いです。


えひめの地域づくり人 100人 表紙
えひめの地域づくり人 100人

平成 15 年春発行

「地域づくりは人づくり」とよく言われますが、その出発点は、何と言っても人に尽きるのではないかと思います。地域づくりについて考える人、実践する人、協力する人など、まず人がいなければ地域づくりは始まらないことは言うまでもありません。そこで、今回は愛媛県の委託を受け、県内で地域づくり活動を実践されている「人」にスポットを当てて『えひめの地域づくり人 100人』を作りました。
この『えひめの地域づくり人 100人』は、県内の地域づくり活動者のネットワークである「えひめ地域づくり研究会議」の運営委員の方々など関係機関のご推薦を受けながら人選し、取材にご協力いただいた“地域づくり人 100 人”について掲載。また、巻末には、「地域づくり・ NPO ・ボランティア団体代表者一覧」を収録しています。


愛媛温故紀行 表紙
愛媛温故紀行

平成 15 年春発行

愛媛県内に点在する近代化遺産 1,326 を調査し厳選した 317 をカラー写真で一挙紹介。

愛媛県では、「愛媛広域文化交流基盤整備構想」の一環として、幕末から昭和 20 年までの日本の近代化を支えてきた建造物である近代化遺産について、県内外の数多くの人達に広く活用していただくために、全県的な実態調査を 13・14 年度の 2 カ年にわたって行い、「愛媛県近代化遺産総合調査報告書」としてまとめました。
当センターといたしましても、文化財としての価値をはじめとして、近代化遺産が生まれた歴史的・文化的背景などを感じとっていただき、先人たちが辿った道を訪ねていただくための『愛媛温故紀行』が、多くの方々の温かいご指導、ご協力を得まして、此処にめでたく発刊の運びとなりましたので、ご案内申し上げます。

※「今治ラヂウム温泉」については、所有者から新たな情報が寄せられています。詳しくは、こちらをクリックしてください。


全国地域づくり先進地データブック 表紙
全国地域づくり先進地データブック

平成 14 年春発行

みなさんが日ごろ地域づくり活動に取り組まれている中で、地域をよくしていくためのヒントを得ようと、県外の先進地に研修に行かれたり、それらの地域と交流を図られていることと思います。みなさんがそういった先進事例を探したり、情報を得たい時などの参考になればと思い、今回愛媛県の委託を受けて『全国地域づくり先進地データブック』を作りました。
この『全国地域づくり先進地データブック』には、全国の地域づくり先進地 54 市町村を紹介した「地域づくり先進地紹介」と、平成 13 年度に愛媛県から委託を受けて実施した「地域づくり活動者研修交流会」の講演記録を掲載しています。また、付録として「行ってみたい先進地」と「日本の町並・集落-重要伝統的建造物群保存地区-」を入れています。


地域づくり活動のススメ2001
地域づくり活動 ハンドブック
「地域づくり活動のス スメ2001」

平成 13 年春発行

自分たちの地域を良くしたいと、ほとんどの人は思っていると思います。でも、自分に何ができるのだろうと思っている人も、また多いと思います。
当センターは、何かやりたいという人の活動を応援したり、情報を提供したり、相談に応じたりするために、つくられているセンターです。そこで、平成 12 年度に愛媛県から委託を受けて実施した「地域づくりリーダー育成研修会」や「地域づくり活動者研修交流会」の記録集をもとに、「行ってみたい地域づくり先進地」、「地域づくりの話を聞いてみたい人々」などのコーナーを付録的に入れて、活動の参考となるようなハンドブックをつくってみました。
地域を良くするもしないも、そこに暮らす人が意識を持ってアクションを起こすか、起こさないかに掛かっていると思います。このハンドブックがそのためのお役に立てればと願っております。


地域づくり活動のススメ2001
えひめの 地域づくりグループ ハンドブック

平成 13 年春発行

県下各地の地域づくり団体の実態を把握するとともに、お互いの活動や情報交換の一助にしていただけるよう、愛媛県の委託を受けて「えひめの地域づくりグループハンドブック」を作成しました。
『地域の時代』といわれて久しい今、文字通り地域の中で、生き生きと活動を続けている団体の方々に多くお会いし、話しを伺いました。その中では出来たばかりの団体でしたいことばかり、問題点はありません。と誇らしげにいう団体もあれば、次の活動に向けて充電中、といった団体もありました。でも皆さんに共通 していることは、自分の住む場所を愛し、住みよい場所、誇れる地域にしたいという、地域に対する熱い思いを持っているということです。
改めて、町を良くするのは行政でも企業でもない、そこに住んでいる人たちの熱い思いと行動力です。