はじめまして!

はじめまして。

4月1日付けで所長に就任しました 脇水 宏(わきみず ひろし)と申します。

早くも1か月が経過しましたが、「仕事を好きになり、毎日を楽しく」をモットーに

職務を全うしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

3月末までは、愛媛県人事課職員厚生室長で、

職員の福利厚生や共済組合、互助会等の業務を担当していました。

県職員として、これまで様々な部署で勤務してきましたが、

強いて言えば、総務部門での勤務が最も長くなっています。

また、県外勤務も通算5年半あります。

 

出身地は、全国に誇る「みかん」の産地である八幡浜市で、

高校卒業まで過ごしていました。

八幡浜市のみかん生産量は愛媛県全体の約4割も占めており、

柑橘類の種類も豊富ですので、ご賞味いただければ幸いです。

 

私生活面では、

旅行好きという趣味が高じて、時間を見つけて少し勉強した結果、

国内旅行業務と海外旅行業務の取扱管理者という国家資格を取得しました。

お勧めの観光地があれば、是非教えてください。

 

さて、前置きが少し長くなりましたが、

新型コロナウイルス対応について、愛媛県においては5月11日(月)から

「感染対策期」から「感染警戒期」に移行し、少し緩和されました。

しかしながら、都道府県をまたいだ移動の自粛や、

3密(密閉、密集、密接)回避は、引き続き継続となっています。

 

これらの状況を踏まえ、えひめ地域政策研究センター(ECPR)においては、

各種事業の実施準備や、まちづくりに関する調査研究等について、

少しずつピッチを上げて進めていきます。

 

ECPRの使命は、地域政策やまちづくりに関して総合的に調査研究を行い、

その成果を広く公開するとともに、

意識啓発、活動支援、交流促進等を行うことにより、

活力ある地域づくりに寄与することにあります。

 

そのためには、時間が許す限り地域に出向いて、

地域の実情を把握したいと考えておりますので、

その節には、ご支援、ご協力の程、よろしくお願いいたします。

 

また、機関紙についても

・調査研究情報誌「ECPR」

・イベント情報誌「えひめイベントBOX」

・まちづくりネットワーキングえひめ「舞たうん」

を引き続き発行していきますので、ご高覧いただきますようお願いします。

 

最後に、ECPRでは、安定した事業運営を行うため、

諸活動を通して地域活性化を支える方々のネットワークとなる

「賛助会員」制度を設けています。

趣旨にご賛同いただきまして、是非ご入会いただきますようお願い申し上げます。

 

年会費は、

・法人会員 1口 30,000円/年(複数口申込可)

・個人会員 1口  3,000円/年(複数口申込可)

主な会員特典は、

・定期刊行物(ECPR、えひめイベントBOX、舞たうん等)の配布

・当センタ-が主催する講演会、セミナー等への優先的なご案内 等

となっています。

 

それでは、

連日のコロナウイルス関連のニュースで暗い気持ちになりがちですが、

一日も早く収束し、愛顔あふれる日々が戻ってくることを願い、

私の挨拶とさせていただきます。

 

令和2年度、よろしくお願いいたします。