ハローワークの就職率

厚生労働省が発表によりますと、平成20年度全国のハローワークに「就職率」(ハローワークに来た新規求職者が就職できた割合)が25.4%だったと発表いたしました。目標値を30パーセントを上回る設定をしているので、目標にとどかなかったようです。最近まで派遣切りが問題になっておりましたが、政府の雇用創出政策や企業雇用に対する取組み方など、まだまだつづく就職難を今後どうやって解消していくのか画期的な政策が欲しいものです。

まちづくり部門 研究員 吉良 大助